注目を集める必殺技!AIDA法則とセールスライティング×デザインの3大重要ポイント

Pocket

今日はゼロイチ起業家の小林です。

今回はネット上であなたの商品サービスを
売っていくために必須となる

セールスライティング

において重要なポイントをいくつか
お話ししていきます。

一つ目なんですけれども、

AIDA法則

です。

AIDA法則とは何かと言いますと・・
4段階の構成になっています。

A(Attention):注意
I(Interest):興味
D(Desire):欲求
A(Action):行動

です。

あなたが商品・サービスを販売するとき、
そのお客様となる方はこの4段階を経て
商品の購入に至ります。

つまり、

まず商品の見た目やキャッチコピーで
お客様の目を引きます。

次に目を向けてくれた方に情報を提供し、
あなたの商品サービスに興味関心を
抱いてもらいます。

商品サービスがどんなものであって、
それがお客様にとってメリットがあるか伝えて、
相手の購入意欲を高めていきます。

そして最後に、商品・サービスを
実際に買って頂きます。

ザックリですが、このような4つの
ステップを踏んだ販売プロセスです。

情報が溢れかえっている時代において、
このAIDAの一番最初に当たる
注意を集めるのがとっても難しいです。

そもそも、あなたの商品サービスが
お客様の視覚に入らない限り、
どんなに優れたものを持っていたとしても
宝の持ち腐れになってしまいます。

とても残念でもったいないことです。

そんな事態を回避するためにも初めに

「注目してもらうためには何が必要なのか?」

をしっかり考えて策を打ち出していく
必要があります。

今のようにインターネットが普及していない時代ですと
あなたが好きな漫画を夢中で読んでいる最中に突然、
母親から「ご飯ができたよ」とか「お風呂入りなさい」
などの集中を邪魔する声が掛かってくる感じです。

情報過多の現在では、必要ない情報までが
目や耳から嫌でも入り込んできて、

「本当にあなたにとって大事なものが何か」

が判断しずらいようになっています。

インターネット上だけでなく、
オフラインの世界でも情報の洪水が
散見されます。

例えば、紀伊国屋とかTSUTAYAなどの
書店に足を運んでみますと、、、

店頭を筆頭にめちゃくちゃ本で
溢れかえっていることが一目で
確認できるかと思います。

「コレは今週おすすめの1冊です!」
「ビジネス書ランキング第1位!
販売数10万冊突破!大人気!」

みたいな感じで、本の中身が
役立つ情報かどうかは別として
人目を惹きつける戦略が至るところで
展開されています。

同じように映画とかテレビドラマとか音楽とか
世の中にリリースされるコンテンツの数は
増え続ける一方で、、、

同時にインターネット上の情報量も
右肩上がりで上昇し続けています。

ホームページをはじめ、ブログや SNSなど・・
とにかく情報で一杯いっぱいになっています。

そんな情報に溢れかえる状況の中で
人の注意を注目集めるということは
それはとても難しいです。

「じゃあ、どうすれば人の注目を集められるか?」

という話になるかと思います。

今の時代ですと、お客様の注意を惹くために
お金を掛ける必要が出てきています。

単にお金をたくさん注ぎ込んで広告を出せば
人の注目を集めることができるんじゃないの?

ということではありません。

広告を打つために非常に重要な要素であり、
スキルが実在します。

その1つが、

セールスライティング

です。

セールスライティングの中でAIDA法則を
有効に使いこなすようになることで自然と
あなたの商品・サービスが人の目に
より留まりやすくなります。

さらに、セールスコピーの効力を
最大限発揮するためにはセットで

デザイン

も必要になります。

単純にPR広告が綺麗だから良いとか、
カッコイイからOKとか、
読みやすいから大丈夫!
という単純な話ではありません。

あくまで、

セールスライティング×デザイン

この2つの要素がうまく絡み合うことで
お客様の注意を集めりやすくなることは
間違いないのない事実です。

どちらか1つが良くても、もう片方がダメですと
なかなかライバルの多いネット上でのビジネス界で
勝ち残っていく事が今後さらに困難になります。

だからこそ、今のタイミングで

あなたの商品・サービスはターゲットの顧客に
ちゃんと見てもらえているのか?

一度を振り返って確認することが
あなたの今後の事業において
とても役立つと思います。

今回お伝えする内容は以上です。

ここまでの内容をまとめますと・・

お客様があなたの商品・サービスを購入するまでに
4つのプロセス(AIDA)

A(Attention):注意
I(Interest):興味
D(Desire):欲求
A(Action):行動

があることです。

その4つの段階で最初の『注意』の部分に
フォーカスしていくことが大事です。

情報が溢れかえる時代において、
ターゲット顧客の注目を惹くためには

セールスライティング×デザイン

の2つの要素がマッチさせる
必要があるということです。

その中でキーワードとなるのは、

・AIDA法則
・注意/注目
・セールスライティング
 デザイン

の部分です。

今日からでも販売促進させて
売上・利益を高められる戦略を
今一度、考えてみると良いでしょう!

またビジネスを加速させる
優良な情報がありましたら、
発信していきますので、
楽しみにしててください。

投稿者: zeroichi1@kigyouka8

【安定収益構築パートナー】 小林大樹 1990年生まれ。 大学卒業後、陸上自衛隊に入隊。 自衛隊在職中に気象予報士の資格を取得。 後に業界最大手の東証一部上場企業で 気象予報士として勤務。 起業塾に300万円、副業で数十万円を 投資するも結果を出せず。 それでも、大学時代から想い描いてきた 起業家への道を切り拓くために安定を捨て、 独立起業に踏み切る。 その後、転売事業スタートから 90日で月50万円を稼ぐことに成功。 その後も収入が右肩上がりとなり、 1年以内に月100万円を稼ぐまでに。 現在は副業/起業コンサルタント事業を展開。 個人の安定収入構築パートナーとして活動。 一人ひとりにカスタマイズした 唯一無二のサポートが強み。 あなたの目標・ビジョンを実現へ 導くことが使命。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA