起業して成功するために初めに最低限やるべき3大質問

Pocket

こんにちは、ゼロイチ起業家の小林です。

今回のテーマは

起業して成功するために
初めに最低限やるべき3大質問

についてです。

最低限やるべき3大質問とは

1.あなたがどういう起業家であるのか?
2.あなたのビジネスで解決したい問題は何か?
3.その問題の解決策は何か?

です。

それぞれ紙に書いて
明らかにしていきましょう。

3つの質問に対する答えをクリアにするために
各項目ごとにオススメの質問を紹介します。

まず一つ目の起業家としての
在り方を考える際に活用できる
オススメの質問が、、、

●自分は何者か?
●どんな価値を提供できるのか?
●ビジネスを立ち上げる目的は?
●世界をどう捉えているのか?
●権威や権力を持つ人との関係はどうか?
●自分はどのような性格なのか?
●自分の長所と短所をそれぞれ5個ずつ出す
●あなたのリーダーシップのスタイルは何か?
●ストレスへの対処法は何か?

の9つです。

実際に起業していくにあたりまして
あなたがどういう起業家であるのかを
自己分析しておくことは、

事業を基本基礎をつくる上で
最低限やるべきことです。

質問に答えていくことで
あなたの性格タイプ・アプローチ法が
見えてくるかと思います。

性格タイプですと、

・完璧主義
・世話好き
・競争好き

などがありまして、
企業文化やどんなリーダー像を築くかに
大きく影響していきます。

アプローチ法ですと、

・金儲けするために起業するのか
・自由に仕事するために起業するのか
・生活の関係で必要に迫られ起業するのか

など目的別にやるべき行動指針が
変化してきます。

まずは、あなたがどんな起業家になるのか
物事にどのように対処していくのかを
見極めていくことが非常に重要となります。

2つ目に、あなたが参入するビジネスで
発生している問題を解決するアイデアを
見つけ出す質問が、、、

●参入を考えている業界が抱えている悩みは何か?
●自分がやりたいことをすでに実現している人は誰か?
●上記2つの質問でまだ満たされていないことは何か?

の3つです。

アイデアがあってこそ、ビジネスは成立する

と言われています。

そのアイデアを生み出すためには、
次の6つの要素が必要とも言われてます。

・小学生でも理解できるくらいシンプルであること
・必要性(ニーズ)に答えるものであること
・市場への参入チャンスがあること
・独自性があること
・ビジョンがあること
・ビジョン実現にフォーカスすること

この6つのポイントが起業の基礎づくりを
加速させるときの重大なアイデアとなります。

3つ目に、問題解決モデルをどのように
構成していくかの質問ですが、、

●私たちは何をするのか?
●どうやってソレを行うのか?
●誰のためにソレをやるのか?

の3つです。

実際にアイデアを出して実行して初めて
意味のあるものになります。

アイデアだけ生み出してもソレを
やらない限りは何の価値もないです。

起業してアイデアの効力を発揮させ、
参入業界の問題を潰していくために
必要となるのが解決策です。

アイデアは実行することで役割を果たしますが、
行動に移す前提としまして、

あなたの目標や使命が何か

を明確にしておく必要があります。

ここまでお伝えしてきた方程式を
作り上げることができると
スタートアップに必要最小限の
やるべきことをクリアできます。

そして、成功のチャンスを最大化させる
ポジショニングを見極めるための
ビジネスへのアプローチ法もわかります。

その前提として

・自分のビジネスをどうしたいのか?
・どのようにライバルと差別化して
 価値を高めていけるか?

を考える必要があります。

新規事業の基礎固めを着実に行うことが
参入ビジネスの土台となることを
脳内メモリーに記録しておきましょう!

投稿者: zeroichi1@kigyouka8

【安定収益構築パートナー】 小林大樹 1990年生まれ。 大学卒業後、陸上自衛隊に入隊。 自衛隊在職中に気象予報士の資格を取得。 後に業界最大手の東証一部上場企業で 気象予報士として勤務。 起業塾に300万円、副業で数十万円を 投資するも結果を出せず。 それでも、大学時代から想い描いてきた 起業家への道を切り拓くために安定を捨て、 独立起業に踏み切る。 その後、転売事業スタートから 90日で月50万円を稼ぐことに成功。 その後も収入が右肩上がりとなり、 1年以内に月100万円を稼ぐまでに。 現在は副業/起業コンサルタント事業を展開。 個人の安定収入構築パートナーとして活動。 一人ひとりにカスタマイズした 唯一無二のサポートが強み。 あなたの目標・ビジョンを実現へ 導くことが使命。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA