起業して成功するために初めに最低限やるべき3大質問

こんにちは、ゼロイチ起業家の小林です。

今回のテーマは

起業して成功するために
初めに最低限やるべき3大質問

についてです。

最低限やるべき3大質問とは

1.あなたがどういう起業家であるのか?
2.あなたのビジネスで解決したい問題は何か?
3.その問題の解決策は何か?

です。

それぞれ紙に書いて
明らかにしていきましょう。

3つの質問に対する答えをクリアにするために
各項目ごとにオススメの質問を紹介します。

まず一つ目の起業家としての
在り方を考える際に活用できる
オススメの質問が、、、

●自分は何者か?
●どんな価値を提供できるのか?
●ビジネスを立ち上げる目的は?
●世界をどう捉えているのか?
●権威や権力を持つ人との関係はどうか?
●自分はどのような性格なのか?
●自分の長所と短所をそれぞれ5個ずつ出す
●あなたのリーダーシップのスタイルは何か?
●ストレスへの対処法は何か?

の9つです。

実際に起業していくにあたりまして
あなたがどういう起業家であるのかを
自己分析しておくことは、

事業を基本基礎をつくる上で
最低限やるべきことです。

質問に答えていくことで
あなたの性格タイプ・アプローチ法が
見えてくるかと思います。

性格タイプですと、

・完璧主義
・世話好き
・競争好き

などがありまして、
企業文化やどんなリーダー像を築くかに
大きく影響していきます。

アプローチ法ですと、

・金儲けするために起業するのか
・自由に仕事するために起業するのか
・生活の関係で必要に迫られ起業するのか

など目的別にやるべき行動指針が
変化してきます。

まずは、あなたがどんな起業家になるのか
物事にどのように対処していくのかを
見極めていくことが非常に重要となります。

2つ目に、あなたが参入するビジネスで
発生している問題を解決するアイデアを
見つけ出す質問が、、、

●参入を考えている業界が抱えている悩みは何か?
●自分がやりたいことをすでに実現している人は誰か?
●上記2つの質問でまだ満たされていないことは何か?

の3つです。

アイデアがあってこそ、ビジネスは成立する

と言われています。

そのアイデアを生み出すためには、
次の6つの要素が必要とも言われてます。

・小学生でも理解できるくらいシンプルであること
・必要性(ニーズ)に答えるものであること
・市場への参入チャンスがあること
・独自性があること
・ビジョンがあること
・ビジョン実現にフォーカスすること

この6つのポイントが起業の基礎づくりを
加速させるときの重大なアイデアとなります。

3つ目に、問題解決モデルをどのように
構成していくかの質問ですが、、

●私たちは何をするのか?
●どうやってソレを行うのか?
●誰のためにソレをやるのか?

の3つです。

実際にアイデアを出して実行して初めて
意味のあるものになります。

アイデアだけ生み出してもソレを
やらない限りは何の価値もないです。

起業してアイデアの効力を発揮させ、
参入業界の問題を潰していくために
必要となるのが解決策です。

アイデアは実行することで役割を果たしますが、
行動に移す前提としまして、

あなたの目標や使命が何か

を明確にしておく必要があります。

ここまでお伝えしてきた方程式を
作り上げることができると
スタートアップに必要最小限の
やるべきことをクリアできます。

そして、成功のチャンスを最大化させる
ポジショニングを見極めるための
ビジネスへのアプローチ法もわかります。

その前提として

・自分のビジネスをどうしたいのか?
・どのようにライバルと差別化して
 価値を高めていけるか?

を考える必要があります。

新規事業の基礎固めを着実に行うことが
参入ビジネスの土台となることを
脳内メモリーに記録しておきましょう!

注目を集める必殺技!AIDA法則とセールスライティング×デザインの3大重要ポイント

今日はゼロイチ起業家の小林です。

今回はネット上であなたの商品サービスを
売っていくために必須となる

セールスライティング

において重要なポイントをいくつか
お話ししていきます。

一つ目なんですけれども、

AIDA法則

です。

AIDA法則とは何かと言いますと・・
4段階の構成になっています。

A(Attention):注意
I(Interest):興味
D(Desire):欲求
A(Action):行動

です。

あなたが商品・サービスを販売するとき、
そのお客様となる方はこの4段階を経て
商品の購入に至ります。

つまり、

まず商品の見た目やキャッチコピーで
お客様の目を引きます。

次に目を向けてくれた方に情報を提供し、
あなたの商品サービスに興味関心を
抱いてもらいます。

商品サービスがどんなものであって、
それがお客様にとってメリットがあるか伝えて、
相手の購入意欲を高めていきます。

そして最後に、商品・サービスを
実際に買って頂きます。

ザックリですが、このような4つの
ステップを踏んだ販売プロセスです。

情報が溢れかえっている時代において、
このAIDAの一番最初に当たる
注意を集めるのがとっても難しいです。

そもそも、あなたの商品サービスが
お客様の視覚に入らない限り、
どんなに優れたものを持っていたとしても
宝の持ち腐れになってしまいます。

とても残念でもったいないことです。

そんな事態を回避するためにも初めに

「注目してもらうためには何が必要なのか?」

をしっかり考えて策を打ち出していく
必要があります。

今のようにインターネットが普及していない時代ですと
あなたが好きな漫画を夢中で読んでいる最中に突然、
母親から「ご飯ができたよ」とか「お風呂入りなさい」
などの集中を邪魔する声が掛かってくる感じです。

情報過多の現在では、必要ない情報までが
目や耳から嫌でも入り込んできて、

「本当にあなたにとって大事なものが何か」

が判断しずらいようになっています。

インターネット上だけでなく、
オフラインの世界でも情報の洪水が
散見されます。

例えば、紀伊国屋とかTSUTAYAなどの
書店に足を運んでみますと、、、

店頭を筆頭にめちゃくちゃ本で
溢れかえっていることが一目で
確認できるかと思います。

「コレは今週おすすめの1冊です!」
「ビジネス書ランキング第1位!
販売数10万冊突破!大人気!」

みたいな感じで、本の中身が
役立つ情報かどうかは別として
人目を惹きつける戦略が至るところで
展開されています。

同じように映画とかテレビドラマとか音楽とか
世の中にリリースされるコンテンツの数は
増え続ける一方で、、、

同時にインターネット上の情報量も
右肩上がりで上昇し続けています。

ホームページをはじめ、ブログや SNSなど・・
とにかく情報で一杯いっぱいになっています。

そんな情報に溢れかえる状況の中で
人の注意を注目集めるということは
それはとても難しいです。

「じゃあ、どうすれば人の注目を集められるか?」

という話になるかと思います。

今の時代ですと、お客様の注意を惹くために
お金を掛ける必要が出てきています。

単にお金をたくさん注ぎ込んで広告を出せば
人の注目を集めることができるんじゃないの?

ということではありません。

広告を打つために非常に重要な要素であり、
スキルが実在します。

その1つが、

セールスライティング

です。

セールスライティングの中でAIDA法則を
有効に使いこなすようになることで自然と
あなたの商品・サービスが人の目に
より留まりやすくなります。

さらに、セールスコピーの効力を
最大限発揮するためにはセットで

デザイン

も必要になります。

単純にPR広告が綺麗だから良いとか、
カッコイイからOKとか、
読みやすいから大丈夫!
という単純な話ではありません。

あくまで、

セールスライティング×デザイン

この2つの要素がうまく絡み合うことで
お客様の注意を集めりやすくなることは
間違いないのない事実です。

どちらか1つが良くても、もう片方がダメですと
なかなかライバルの多いネット上でのビジネス界で
勝ち残っていく事が今後さらに困難になります。

だからこそ、今のタイミングで

あなたの商品・サービスはターゲットの顧客に
ちゃんと見てもらえているのか?

一度を振り返って確認することが
あなたの今後の事業において
とても役立つと思います。

今回お伝えする内容は以上です。

ここまでの内容をまとめますと・・

お客様があなたの商品・サービスを購入するまでに
4つのプロセス(AIDA)

A(Attention):注意
I(Interest):興味
D(Desire):欲求
A(Action):行動

があることです。

その4つの段階で最初の『注意』の部分に
フォーカスしていくことが大事です。

情報が溢れかえる時代において、
ターゲット顧客の注目を惹くためには

セールスライティング×デザイン

の2つの要素がマッチさせる
必要があるということです。

その中でキーワードとなるのは、

・AIDA法則
・注意/注目
・セールスライティング
 デザイン

の部分です。

今日からでも販売促進させて
売上・利益を高められる戦略を
今一度、考えてみると良いでしょう!

またビジネスを加速させる
優良な情報がありましたら、
発信していきますので、
楽しみにしててください。

ゼロイチ成功マインド01『短期的な満足を遅らせる』

こんにちは、小林です。

ゼロイチ起業家が”0”から年収1000万円を達成するために
重要なマインドセット01をお伝えしていきます。

今回、お伝えする成功マインドセットは、

『短期的な欲求を遅らせる』

 

ということです。

このマインドは、ビジネス面・健康面・人間関係面の
いろんな場面で活用できる大事な言葉です。

短期的な欲求を我慢したり、遅らせたりすることで
長期的に物事を考えていく事が結果を出し続ける為に
必要不可欠となってきます。

ここから内容を解説していきます。

 

まず、僕たち人間には3つの脳があります。

1.爬虫類脳
2.哺乳類脳
3.人間脳

です。

 

爬虫類脳はどんな脳なのかと言いますと・・

美味しいものをバクバク食べたり、
眠くなったらグーグー寝たり、
好きな女とエッチしたり
嫌なことがあったら衝動的になったり

するときに使う脳です。
原始時代など古くから長年培われてます。

哺乳類脳はどんな特徴があるのかと言いますと・・
爬虫類脳を覆い被さるようにできているものです。

家族を持ちたい
グループから仲間外れにされたくない
好きな人から頭を撫でてもらいたい

など、犬や猫などの動物も僕たち人間に
好意を求めるときに使う脳です。

 

人間脳は哺乳類脳を覆うようにできているもので、

未来のことを計画したり、
新しいことを創造したり、
100年先のことを考えたり、
人の気持ちを考えたり

など人間にしかできない行為をするときに
活用する脳です。

 

ビジネスで成功するためには、
短期的にバーンを儲けることではなくて、
長い目でお客様との信頼関係を構築していくことが
必要不可欠となります。

一時的に事業がうまくいき大金が舞い込んできて、
そのお金をキャバクラやパーティーで散財するような
爬虫類的な脳の使い方はビジネス成功を阻害するので、
特に注意しておくことが大事です。

そういう意味でも、長期的な視点を考えるときに
活用する人間脳を日々鍛えていく必要があります。

慣れないうちは、すごく辛いかと思います。

性欲が溜まってきたらエッチな動画を観て
すぐに欲求を解放したくなるかもしれません。

お腹が空いたら、すぐに食べ物を胃袋に
入れ込んでしまうかもしれません。

短期的な欲求をコントロールして、
長期的に物事を考えていくために
オススメの方法としましては・・

・メンターなど尊敬する人の音声を聞く
・人間脳を活発に働かせている人たちが集まる環境に身を置く

があります。

人や環境の力を借りて良い影響を受けることで、
自然と人間脳を発達させていくのが良いかと思います。

テレビや雑誌は、メディアが情報をコントロールしたり、
基本的に本当の良い情報は入って来ないと言われています。

そういうこともあり、普段からニュースは
特に見ないように気をつけています。

入手する情報を意識的に取捨選択して、
必要なものだけを脳にインストールしないと
知らず知らずのうちに悪い影響を受けるハメになります。

とはいえ・・

いつもかも人間脳ばかり酷使していると、
その分の反発が起こります。

爬虫類脳と哺乳類脳からの逆襲があります。

なので、時にはこちら2つの脳も使うことも
大事になってくるわけです。

人間なので、男ならエッチなビデオを見て
オナニーしても良いでしょう。
キャバクラに行って、女の子たちと仲良く
お話するのも良いでしょう。

女性なら美味しいデザートを
口いっぱいに頬張るのもOKですし、
女の子同士で飲み会をやるのも良いでしょう。

要は3つの脳を使い方にバランスをもたせるが重要です。

あとは、一気に人間脳を鍛えて発達させようとせず
日々少しずつレベルアップさせていくことが重要です。

短期間でやめるのではなく、あくまで継続的に
人間脳を進化させていくためにも。

という感じです。

ここで、今回お伝えした内容をまとめますと・・
ビジネスを成功させるためには、

『短期的な欲求を遅らせて
長期的に物事を考える』

 

が極めて重要だということです。

食べる・寝る・交尾するといった
爬虫類脳を使う行為ではなく、

未来に目を向けて行動する時に使う
人間脳を積極的に機能させていき、
事業を成長させ続けられる起業家に
なっていきましょう!

今回は以上です。

またゼロイチ起業家がビジネスで
成功していく為に必要不可欠な
ニッチでリッチな情報をお送りしていきます。